2011年02月17日

FX投資はシナリオが重要です


スポンサードリンク


FX投資で継続的に稼ぐためには、事前にシナリオを作っておく事が重要になります。このシナリオというのは、例えば、


今後相場が上昇するだろうからここになったら押し目を買ってここになったら手仕舞いをする


逆にエントリー後に下落したらここで損切りを行う


という、いわばトレードのマイルールのようなものです。


厳密に言えば、これにトレード枚数や細かな利益確定、損切りルールを加えればマイルールになりますが。。。

それは置いておいて、FX投資を始めたばかりの初心者の人は、


周りが円安になると言っているから
とりあえず米ドル円を買っておこう


今は円安らしいから今後下がる事はないだろう
だからそのまま放置でも資産が増えそうだ!


といった具合に、自分のシナリオがなく他人の意見を元にFX投資を行っている場合があります。

そのまま円安が続けば良いですが、世の中そんなに甘くありません。相場は突如として暴落が始まったりするのです。

そして、この暴落が始まった場合、このようにシナリオを考えていない人は、必ずと言って良いほど迷いが生じます。

この迷いは、その後の判断を遅らせる結果になり、相場がそのままズルズルと下落した場合、結果的に大きな損失を被ってしまうのです。


ですので、こうならないためにも自分でしっかりとシナリオを作っておく必要があります。

そして、相場がシナリオ通りに動けば自分の思惑通りに進んでいる事になりますので、全く問題はありませんが、万が一にもシナリオとは逆に動いた場合の対処方法によって、結果に大きな違いが出てくるのです。

例えば、現在の米ドル円が1ドル=100円の場合、チャート的に米ドル円は今後の上昇が見込めるので、100円で買って101円で手仕舞い、逆に99円になったら損切りを行うというシナリオを作成したとします。

そこで、その後米ドル円がシナリオとは逆に動いて、あれよあれよと99.2円まで下落してしまいました。99.2円といえば、あと20銭で損切りという、ある意味切羽詰まった状態ですね。。。

しかし、チャートを見てみると、



何だか反転上昇する気がする〜



といった状況にも見えなくはありません。

さて、ここで質問です。あなただったら、下記の4つの選択肢の中からどの選択肢を選びますか?


 

1.予定通り99円で損切り


2.もう少し耐えれば上昇しそうだがもう少し下落するかも知れないので念のため損切りを98.5円に変更する


3.このまま下落すると怖いので今すぐ(99.2円)で損切りする


4.そのうち上昇するだろうから損切りしないで放置

 


この選択次第では、後々のFX投資結果に大きな違いとなって表れてきますよ。
 


スポンサードリンク
posted by FXトレーダーneko at 17:46 | FXのリスク管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

FX相場は待つ事こそ重要です


スポンサードリンク


FXを行っている人で、継続的に稼げない方の多くは、しっかりとトレードチャンスまで待つ事が出来ない事が大きな理由の1つになります。

だってそれは、なかなかチャンスが来なくて焦ってしまい、やみくもにトレードしたとしてたまに運よく稼げる事もありますが、それでは継続的に稼ぐ事は出来ないからです。


たまには運よく稼ぐ事が出来たとしても、
その多くは損失を出して終わる・・・


結果として、トータルでマイナスになってしまっては、元も子もありませんから。

FXでは利益を伸ばす事も重要ですが、それと同時に損失を減らす事も重要になります。


損失を減らすという事は余計なトレードを極力排除して
勝てる時だけトレードして為替差益を抜き取る・・・



FXはこの積み重ねをすれば、継続的に稼ぐ事が出来るようになります。

しばらくチャートを見ていてなかなかトレードチャンスが来ない時って


本来のトレードチャンスではないところで
エントリーしてしまい、結果損失になってしまう。。。



こんなことばかりしていては、FXで継続的に稼げる訳がないのです!


世間では、FXで継続的に稼いでいる人は、FXを行っている人全体の約5%程度と言われていますが、実際にFXで継続的に稼いでいる人は、



チャンスを待って仕掛ける


それ以外のときは静観



これら事がしっかりと出来ているのです。

もちろんこの他に、資金管理やポジション管理などのリスク管理が出来ている事は言うまでもありません。


チャートを眺めていると


ここは稼げるんじゃね!

ここは行けそうな気がする〜



という欲望にも似た衝動に駆られる事は、私も分からない事ではありませんが、本当のチャンスは必ずやってくるのですから、しっかりとチャンスまで待ってトレードしましょう!
 


スポンサードリンク
posted by FXトレーダーneko at 18:01 | FXのリスク管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

自分の損失許容量を知る


スポンサードリンク


今回の記事では、リスク管理は重要ですで出てきた



損失許容量



について、説明させていただきます。


そこでまず、この損失許容量ですが、その意味は読んで字のごとし



許容(つまり許す事)が出来る損失量



になります。これは一体、どういう事かと言うと1回のトレードで損失してもいい金額、つまり負けた場合、



いくらまでの損失なら許せるか



という事になります。まあ、この損失許容量を把握していれば、多少為替レートが反対方向に動こうが、それは全く気にならないはずなので、これを知っておく事は非常に重要です。

そして、万が一ストップに掛かった場合でも、それは損失許容量の範囲内ですので心配はありません。


ちなみに、この損失許容量ですが、当然ですがトレードする人によって違います。1回のトレードで、



1万円までならOK


資金量の1%までならOK


いやいや1,000円まででしょう



などなど。。。

で、話を元に戻しますが、自分の損失許容量が把握出来ていない場合、多少の下落でも焦ってしまい、結果としてその後得られただろう利益を逃してしまう事が非常に多いんです。

これを実際のトレードに例えて説明すると


1、ポジションを持つ(買い)
     ↓
2、為替レートが上昇
     ↓
3、為替レートが下落
     ↓
4、ストップに掛からず為替レートが上昇


こんな感じで流れます.

ただ、損失許容量が把握出来ていないと3の下落で決済する場合が多いのですが、損失許容量が把握出来ていれば、3の下落で決済する事なく再び上昇した4まで待って決済する事が十分可能になるのです。 


為替レートとは一直線に上昇、または一直線に下落するものではなく、途中に調整を挟みながら上昇や下落していきます。


この途中の動きに一喜一憂してしまうと、中途半端なトレードになってしまいます。


ですので、実際にトレードする際には、事前に必ず損失許容量を把握した上で、焦らずに行う必要がありますよ。
 


スポンサードリンク
posted by FXトレーダーneko at 23:20 | FXのリスク管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。