2011年03月16日

シナリオを考察する3


スポンサードリンク



まずは、東北地方太平洋沖地震で被災された方へお見舞い申し上げます。

今回の地震では、大変な被害を出してしまい、戦後では最大規模の大地震となり、家族や親戚、さらには友人などを亡くされた方も多数いると聞いており、そんな方々の事を思うと言葉もありません。

しかし、生きてれば必ず道は開けますので、なんとか希望を捨てずに前を向いて進んでいただければと思います。


それで今回は、FX投資はシナリオが重要ですで上げた4つの選択肢の中から、4番目の選択肢について説明させていただきますね。


4.そのうち上昇するだろうから損切りしないで放置


これは放置、つまり塩漬けになるため論外です。

この塩漬けとは、為替レートが元の水準に戻るまで長期間ポジションを保有するする事になるため、為替レートが下落した時には多額の含み損を抱える事になってしまいます。

多額の含み損を抱える=口座資金が拘束されるため、その後チャンスが出てもトレードをする事が出来ない、つまりはFXトレードチャンスを逃してしまうのです!


以上、ここまで取るべき行動に挙げた4つの例について説明してきましたが、



1.予定通り99円で損切り



つまり、正常な精神状態時に設定したシナリオ通りに損切りをする事がベストになります。

さらには、シナリオを立てたからといっても、その都度損切値を変更ばかりいては、シナリオを立てる意味がなくなってしまいます。


ですので、FXトレードを行う際には、あらかじめ念入りにシナリオを立てて、為替相場が上昇しようが下落しようが必ずシナリオ通りにトレードしてくださいね。
 


スポンサードリンク
posted by FXトレーダーneko at 17:02 | FXのリスク管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

シナリオを考察する2


スポンサードリンク

今回は、FX投資はシナリオが重要ですで上げた4つの選択肢の中から3番目の選択肢について説明させていただきますね。


3.このまま下落すると怖いので今すぐ(99.2円)で損切りする


この選択肢、一見良い選択に思えますが、99円のストップに掛らず反転上昇となった場合、その後の上昇を だまって見送るかまたは上昇途中で無理やり買ってしま可能性があります。

その後の為替レート反転上昇した場合には、上昇途中で買った人は一応稼ぐ事が可能ですが、見送った人は損失のままになってしまいます。

しかし、上昇途中で買った人は、万が一その後に上昇せずに下落した時には、元々の損失よりも損失を拡大させる恐れがあります。


仮に為替レートが99.2円から上昇し99.6円まで来た時に買ったとします。

しかしその後、上昇の勢いが止まり99円まで下落してしまいました。


この場合の損失は99.6円−99円=0.6円


さらに、最初のポジションで100円−99.2円=0.8円の損失が発生しており、トータルでの損失は1.4円になってしまうのです。

逆に99円まで下落した場合、99.2円で損切りしていた人は当初設定した損失を減らす事が出来ます。


この事からも分かるように、この行動には一長一短がありますので、この行動はお勧め出来ません。
 
スポンサードリンク
posted by FXトレーダーneko at 15:43 | FXのリスク管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

シナリオを考察する1


スポンサードリンク


FX投資はシナリオが重要
では、4つの選択肢を上げさせていただきました。この4つの選択肢の中からあなたの取るべき行動はどれでしたか?

今回は、この4つの選択肢の中から1番目と2番目までの選択肢について説明させていただきます。


その前に、この取るべき行動を考えた時、1つの重要な前提条件があります。それは、人間の精神状態というのは


ポジションを保有した後よりも
ポジションを保有する前の方が正常な状態である


これについては、ここであれこれ言わなくても実際にFXトレードを行ってみると良く分かります。

つまり、正常な精神状態時に設定した損切りはポジション保有後、為替相場の動きに一喜一憂していて精神状態が不安定な時と比べてより有効となるのです。

それは、正常な精神状態であれば動きの激しい為替相場を冷静な目で見る事が出来るからです。



そこで、この前提条件を踏まえて考えた時、FX投資はシナリオが重要ですでの取るべき行動が見えてきますね。

それでは、取るべき行動について解説します。


1.予定通り99円で損切り

これは、ポジションを保有する前の設定、つまり正常な精神状態時に設定した損切りなので、取るべき行動の中ではこれが一番良い方法です。



2.もう少し耐えれば上昇しそうだがもう少し下落するかも知れないので念のため損切りを98.5円に変更する


この損切りの変更は絶対に行ってはいけません!


これをやってしまった場合には、その後の損失が膨らむ事はもちろんですが、レートが98.5円近辺まで来てしまった時、そろそろ反転するだろうという思考になってしまい、さらに損切りを変更する傾向が高いです。

また、こういった行動を取った場合には、ほとんどは次も同じ行動を取る事が多いため、結果損失を拡大させる可能性がありますので、かなり注意する必要があります!
 


スポンサードリンク
posted by FXトレーダーneko at 11:28 | FXのリスク管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。