2010年12月28日

為替差益とは


スポンサードリンク

前回のFX(外国為替証拠金取引)とはという記事で、FXとはどういう事かわかっていただけたと思いますが、FXの概要が分かっただけでは、FXで稼ぐ事は出来ません。

それじゃあ、一体FXでどうやって稼いだら良いのか説明させていだだきますね。


それで、FXで稼ぐためには大まかに2つありますが、今日はその中で為替差(為替差益・為替差損)によって稼ぐ方法について説明させていただきます。



【為替差益とは】



例えば、1ドル100円の時にドルを買って、1ドル110円の時にドルを売った場合は、1ドルあたり10円の利益になり、この利益の事を為替差益と呼びます。

そして、この為替レートの時にドルを1万ドル売買していた場合は、



1万ドル×10円=10万円


が為替差益という事になります。また、1ドル100円の時にドルを売って(これを空売りと言います)、1ドル90円の時にドルを買い戻した場合は、1ドルあたり10円の利益になり、この利益の事も為替差益と呼びます。



【為替差損とは】


例えば、1ドル100円の時にドルを買って、1ドル90円の時にドルを売った場合は、1ドルあたり10円の損失になり、この損失の事を為替差損と呼びます。

そして、この為替レートの時にドルを1万ドル売買していた場合は、



1万ドル×−10円=−10万円

 

が為替差損という事になります。また、1ドル100円の時にドルを売って(これを空売りと言います)、1ドル110円の時にドルを買い戻した場合は、1ドルあたり10円の損失になり、この損失の事も為替差損と呼びます。


つまり、FXで稼ぐための1つ、それは為替差益を稼ぐ事、つまり通貨をいかに安く買っていかに高く売るか、またはいかに高く売って安く買い戻すかが基本になりますので、よく覚えていてくださいね。
 
スポンサードリンク
posted by FXトレーダーneko at 14:49 | FX基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

FX(外国為替証拠金取引)


スポンサードリンク

近年、世間にも浸透してきつつあるFX(外国為替証拠金取引)ただ、FXという言葉は知っているけれど、FXって一体何?という人もいると思いますので、ここではFXについて説明させていただきますね。



まず、このFXという言葉ですが、これは外国為替(Foreign Exchange)の略称になります。

ただしこの名称は、世間に数あるFX取引会社によっては



外国為替保証金取引や外貨証拠金取引



など微妙に異なります。

また、FX取引会社によっては、金融商品の仕組みが若干異なりますが、少ない資金でその数倍から数十倍もの資金を動かす事が出来るという基本的な部分は一緒になります。

つまり、小さな資金で大きな資金を動かす事が出来るので、うまく行った場合は大きな利益を得る事が出来ますが、逆の場合は、大きな損失を被る事になりますので、そのあたりのリスク管理も重要になってきます。


それと、この外国為替とは2種類の異なる通貨を交換する事です。つまり、1つの通貨を買うと同時に、もう1つの通貨を売るという取引になります。

例えば、米ドルを買って日本円を売る、ユーロを買って日本円を売るなどのですね。


そして、その通貨を交換する時の交換比率(レート)を為替レートと呼びます。

例えば、米ドルの場合だと1ドル=100円というように、日本円で1ドルを買うためにはいくら必要なのか?という、この1ドル=100円の事を為替レートと呼びます。
 
スポンサードリンク
posted by FXトレーダーneko at 18:53 | FX基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。