2011年05月05日

閑散相場の注意点


スポンサードリンク

ちょっとご無沙汰していましたが、気がつけばGWも終わりに近づいてますね。

GWと言えばFX相場の中では日本市場が休みになりますが、日本市場が休みという事は、日本の市場参加者が減少するためFX相場は閑散になる可能性が高くなります。

ただ、これについては、日本市場にかかわらず、世界の中でどこかしらの市場が休みの時=市場参加者が減少するので閑散としてしまいますが・・・


しかし、日本市場が休みと言っても海外までが休みという訳じゃないため、海外投資家には日本のGWなんて関係ありません。

そして、FX相場には、こんな閑散相場を狙って仕掛けてくるファンド勢がいるのです!

閑散相場=市場参加者が少ないいう事は、通常よりも少ないロットで相場を大きく動かす事が可能になるので、ファンド勢も思い切った事をしてくる事があります。

それもテクニカルを無視して大きく動かしてくるので、テクニカル重視のトレードでは大きな損失を被る可能性があります。

この事は、実際に閑散相場でトレードして大きな損失を出した経験がある私が言うので間違いありません。


ですので、世界のどこかしらの市場が休みの場合、その市場の時間帯には参加せずに市場参加者が揃っている時にトレードする事をお勧めしますよ!
スポンサードリンク
posted by FXトレーダーneko at 10:27 | FXのリスク管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。