2011年04月18日

要人発言に左右されない事


スポンサードリンク

今週もFX相場が始まりましたね。今日は週明けにも関わらず、朝からそこそこ動きがあり円高に動いてます。

特にEUR系の下落が大きく、EUR/JPYはオープン後から約2円近く下落しています。ただ、これについては、夕方頃に


ギリシャがユーロ圏財務相会合でEU・IMFに債務再編を要請した


というニュースが市場に流れた事が、1つの要因として挙げられます。

しかし、このニュースはすぐさまギリシャ政府によって否定されており、否定後のEUR/JPYは50pips程度戻しています。


ですが、市場にこういったニュースが流れると、該当通貨に関する発言が活発になってくる傾向があります。現に今日もEUR関係の発言が多くなっています。

結果、市場がどうなるかというと、テクニカルよりもファンダメンタルズで動く傾向が高くなってしまいます。


特に今回のような発言で動くファンダメンタルズ相場はとてもやっかいで、誰にも先の事を100%予測する事は不可能になります。

だって、発言内容なんて当事者の思惑一つでどうにでもなるからです。ニュアンスをごまかす事で、受け手の反応を確かめながら市場の動きを見定めて、発言の内容を修正したり取り消したりなんて、過去にいくらでもあるのです。


ですので、今日のようなファンダメンタルで動く相場には極力手を出さずに次のチャンスを待つ事が重要になってきますよ。
スポンサードリンク
タグ:FX 投資 投機筋
posted by FXトレーダーneko at 22:21 | FXのリスク管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。