2011年03月31日

テクニカルチャートの注意点


スポンサードリンク

FX投資
を行う上で、FX相場の分析にはテクニカルチャートを使うかと思います。

ただ、このテクニカルチャートですが、あまり長時間見過ぎてしまうと本来のエントリー箇所とは違うところでポジションを持ってしまう事が多々あります。

確かにテクニカルチャートばかり眺めていると、最初のうちは予習・復習と思っていてもそのうち気持ちがムラムラとしてきて


ここはチャンスなんじゃ?

ここは何だか行けそうな感じだ!


などどいう邪念が入りやすいため、結果損失が膨らんでしまう事にもなりかねません。

良くチャートは魔物だと言われますが、確かにしばらくチャートを眺めていると取り込まれそうになります。特に、負けが込んでくると負けを取り返したい一心で


チャートガン見=無駄なエントリー


という事が多くなってきます。


ですので、いくらテクニカル分析だからと言ってもあまりに長時間見続けるのは危険なので、適度に休憩を挟んでの分析をして下さい。

FX投資では、焦れば焦るほどにドツボにハマって行く事になりますので。
 
スポンサードリンク
posted by FXトレーダーneko at 15:18 | テクニカルチャート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。