2011年02月03日

自分の損失許容量を知る


スポンサードリンク


今回の記事では、リスク管理は重要ですで出てきた



損失許容量



について、説明させていただきます。


そこでまず、この損失許容量ですが、その意味は読んで字のごとし



許容(つまり許す事)が出来る損失量



になります。これは一体、どういう事かと言うと1回のトレードで損失してもいい金額、つまり負けた場合、



いくらまでの損失なら許せるか



という事になります。まあ、この損失許容量を把握していれば、多少為替レートが反対方向に動こうが、それは全く気にならないはずなので、これを知っておく事は非常に重要です。

そして、万が一ストップに掛かった場合でも、それは損失許容量の範囲内ですので心配はありません。


ちなみに、この損失許容量ですが、当然ですがトレードする人によって違います。1回のトレードで、



1万円までならOK


資金量の1%までならOK


いやいや1,000円まででしょう



などなど。。。

で、話を元に戻しますが、自分の損失許容量が把握出来ていない場合、多少の下落でも焦ってしまい、結果としてその後得られただろう利益を逃してしまう事が非常に多いんです。

これを実際のトレードに例えて説明すると


1、ポジションを持つ(買い)
     ↓
2、為替レートが上昇
     ↓
3、為替レートが下落
     ↓
4、ストップに掛からず為替レートが上昇


こんな感じで流れます.

ただ、損失許容量が把握出来ていないと3の下落で決済する場合が多いのですが、損失許容量が把握出来ていれば、3の下落で決済する事なく再び上昇した4まで待って決済する事が十分可能になるのです。 


為替レートとは一直線に上昇、または一直線に下落するものではなく、途中に調整を挟みながら上昇や下落していきます。


この途中の動きに一喜一憂してしまうと、中途半端なトレードになってしまいます。


ですので、実際にトレードする際には、事前に必ず損失許容量を把握した上で、焦らずに行う必要がありますよ。
 


スポンサードリンク
posted by FXトレーダーneko at 23:20 | FXのリスク管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。