2011年01月11日

スワップとは


スポンサードリンク

少しでもFXという言葉を聞いた事がある人は、スワップという言葉を聞いた事があると思います。ただ、


スワップって何?


という人もいると思いますので、今回の記事ではスワップについて説明させていただきます。


そこで、このスワップとは、簡単に言えば金利の事になります。

という事は、銀行や郵便局の普通預金の金利や定期預金の金利などと同じ意味になりますよね!


そして、このスワップとは、一言で言うと国内外の金利差(日本とアメリカなど)に基づく調整分の金利差になります。

例えば、現在の日本の金利が0.1%に対してアメリカの金利は0.25%、ユーロが1.0%、豪ドルが4.75%と、それぞれ海外の通貨の金利が高い事が分かります。

つまり、金利の低い日本円に対して相対的に高金利な海外の通貨を買った場合には、同時に低金利の日本円を売っている事になりますので、この2つの通貨間の金利差をスワップとして受け取る事が出来ます。


また、反対に高金利な海外の通貨を売った場合には、同時に低金利の日本円を買っているという事になりますので、スワップ金利を支払わなければならないという事になります。

という事は、売りの場合は別として高金利通貨を買ってさえおけば、後はスワップで悠々FX生活が楽しめるように見えますが、話はそんなに簡単じゃないんですね。

それは一体、どういう事なのかについては、後日記事として書かせていただきますね。
 
スポンサードリンク
posted by FXトレーダーneko at 18:04 | FX基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。