2010年12月28日

為替差益とは


スポンサードリンク

前回のFX(外国為替証拠金取引)とはという記事で、FXとはどういう事かわかっていただけたと思いますが、FXの概要が分かっただけでは、FXで稼ぐ事は出来ません。

それじゃあ、一体FXでどうやって稼いだら良いのか説明させていだだきますね。


それで、FXで稼ぐためには大まかに2つありますが、今日はその中で為替差(為替差益・為替差損)によって稼ぐ方法について説明させていただきます。



【為替差益とは】



例えば、1ドル100円の時にドルを買って、1ドル110円の時にドルを売った場合は、1ドルあたり10円の利益になり、この利益の事を為替差益と呼びます。

そして、この為替レートの時にドルを1万ドル売買していた場合は、



1万ドル×10円=10万円


が為替差益という事になります。また、1ドル100円の時にドルを売って(これを空売りと言います)、1ドル90円の時にドルを買い戻した場合は、1ドルあたり10円の利益になり、この利益の事も為替差益と呼びます。



【為替差損とは】


例えば、1ドル100円の時にドルを買って、1ドル90円の時にドルを売った場合は、1ドルあたり10円の損失になり、この損失の事を為替差損と呼びます。

そして、この為替レートの時にドルを1万ドル売買していた場合は、



1万ドル×−10円=−10万円

 

が為替差損という事になります。また、1ドル100円の時にドルを売って(これを空売りと言います)、1ドル110円の時にドルを買い戻した場合は、1ドルあたり10円の損失になり、この損失の事も為替差損と呼びます。


つまり、FXで稼ぐための1つ、それは為替差益を稼ぐ事、つまり通貨をいかに安く買っていかに高く売るか、またはいかに高く売って安く買い戻すかが基本になりますので、よく覚えていてくださいね。
 
スポンサードリンク
posted by FXトレーダーneko at 14:49 | FX基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。